Skip to content

忍辱山圓成寺の紅葉

奈良

円成寺庭園 池に映る絶景

円成寺庭園は平安時代に寛遍僧正が築いたと伝えられ、浄土式と舟遊式を兼備した寝殿造系庭園です。

紅葉が池に映り込み絶景です。
ちょうど見頃を迎えていてとても綺麗でした。

スポンサーリンク

円成寺

円成寺は756年聖武天皇、孝謙天皇の勅令により、唐僧虎瀧和尚の開創と伝えられていますが、史実的には1026年命弾(みょうぜん)上人が12面観音を祀られたのが始まりです。
1112年迎接上人が阿弥陀如来を祀り、1153年仁和寺の寛遍僧正が東密忍辱山流を創られ寺門が栄えました。
1466年応仁の兵火で主要伽藍を焼失しましたが、程な栄弘阿闍梨が再興しました。

江戸時代には寺中23寺、寺領235石を有する寺院でしたが、明治維新後寺領を失い、今の境内と建物のみを残しました。

近年本堂の解体修理と石粒の補修、庭園の整備を行い、多宝塔を再建して寺観を整えました。

本堂(阿弥陀堂)(重文)

室町時代(1466年)に栄弘阿闍梨が旧本堂と同じ規模と様式で再建しました。
4本の柱に極彩色に描かれた聖衆来迎25菩薩は全国でも珍しくとても美しく迫力がありました。

紅葉がとても綺麗でした。
池に映り込むのでさらに多く見え、迫力がありました。

スポンサーリンク

楼門(重文)

室町時代に再建されています。

忍辱山 円成寺(にんにくせん えんじょうじ)

〒630-1244
奈良市忍辱山町1273
TEL:0742-93-0537

アクセス

電車・バス
JR・近鉄奈良駅より奈良交通バス柳生行き
約30分「忍辱山」バス停下車西へ徒歩2分


国道369号線県庁東交差点より約12km

スポンサーリンク

カメラ:SONYa6000
レンズ:Vrio-TessarT*E 16-70m F4 ZA OSS

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村


Published in奈良

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です