Skip to content

若草山


三笠山とも呼ばれる緑が美しい若草山

若草山は奈良公園の奥に鮮やかに広がる高さ342mの山です。
鮮やかに見える部分は芝で覆われていて遠く生駒山からでも見えます。
一重目、二重目、三重目と三つの笠を重ねたように見えるので三笠山とも言われています。
山頂には鶯塚古墳もあります。

南ゲートと北ゲートがあり、南ゲート側からの方が景色を眺めながら登ることができます。
北ゲート側は景色は見えませんが急勾配で早く一重目に着くことができます。

毎年1月に若草山焼きがあり、芝を焼きます。
そうすることで害虫を駆除し、焼いた木を草や肥料にし春に新芽が出てこのように鮮やかな芝生が育つのです。

東大寺が見えています。

スポンサーリンク

鹿もたくさんいます。

この日は前日の荒天のせいか強風でしたので雲の流れが早く綺麗でした。

南の遠くの山々が墨絵のようで美しいです。

一重目からの眺め

二重目からの眺め

三重目からの眺め

三重目(頂上)からは東大寺が麓に隠れてしまって見えないのが残念です。

スポンサーリンク

鶯塚古墳

清少納言の枕草子に記されている「うぐいすの稜」がこれだと言われている。

印があります。

京都方面が見えています。

どこを撮っても絶景です。

可愛い小さな花

東大寺を取り囲むように緑が覆る

スポンサーリンク

若草山から世界遺産の春日山原始林に入ることができます。
頂上からさらに春日山道路を通り、惣持院山での稜線が映ります。
その背後の南側に位置するのが世界遺産(特別天然記念物)の春日山原始林です。
原始林内に点在する1600本あまりの春日杉は直径1m以上樹齢250年から400年の老杉です。
山の主な植物は藤、松、桜、紅葉、ナンキンハゼ、楠、ヒノキなど207種類あるそうです。
桜も新緑も紅葉もいつでも素晴らしいです。

若草山

近鉄奈良駅より徒歩30分東大寺大仏殿の近くから登ることできます。
入山料
大人150円
子供80円

近くには東大寺もあります。
東大寺についてはこちらをご覧ください。

東大寺

近くには春日大社があります。
春日大社についてはこちらをご覧ください。

春日大社

近くには興福寺もあります。
興福寺についてはこちらをご覧ください。

興福寺阿修羅像公開

カメラ:SONYa6000
レンズ:Vrio-TessarT*E 16-70m F4 ZA OSS

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村


Published in世界遺産奈良

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です