Skip to content

當麻寺の樹齢300年の枝垂桜

當麻寺の桜を見にってきました。
例年見頃を迎えるのがとても早いのが特徴です。
護念院と奥院の桜が見事ですが、境内にはそれ以外にも春の花々が咲き誇ってとても綺麗です。

taimadera

當麻寺護念院の中にあり、本堂の横で東西両塔のちょうど間にあります。
東西両塔が見えるので絶景です。
この日は朝いちばんに行ったので朝靄の中、花々の間に佇む塔が見えてとても綺麗でした。

taimadera

階段を登ると上から見下ろすことができます。
見事な枝垂れ桜ですね。グレーの屋根と薄いピンクの桜が絶妙の色合いです。

taimadera

下から見上げると西塔が見えます。

taimadera

當麻寺 護念院
護念院は中将姫の旧跡寺院として知られている當麻寺塔頭で、5/14に行われる當麻寺練供養式の時には楽屋となり儀式に使う面や装束の一切を管理している寺院だそうです。
庭園は日本唯一の東西両塔を身近な借景とし約千株のぼたん園、樹齢300年の枝垂桜が有名です。大正3年に発見された十一面観音立像版木は非常に珍しいもので鎌倉時代中期のものだとされています。

taimadera

taimadera

當麻寺の桜は毎年とても早くに見頃を迎えます。不思議ですね。

taimadera

taimadera

taimadera

當麻寺の奥院にも立派な桜の木がいっぱいあります。
當麻寺奥院浄土真宗総本山知恩院の「奥之院」として建立された寺で、最初は往生院と呼ばれていました。

taimadera

上の写真の奥院楼門(重文)は江戸時代のもので奥院の正面だったそうです。

taimadera

當麻寺では奥院と護念院が浄土真宗、そして西南院と中の坊が真言宗のお寺です。
この4つのお寺が年番で當麻寺の住職を務めているので、一年ごとに浄土宗と真言宗と宗派が入れ替わる珍しいお寺です。
こちらの桜も素晴らしいです。

taimadera

taimadera

當麻寺 護念院
【住所】〒639-0276奈良県葛城市當麻1263
【TEL】0745-48-2004
【拝観時間】9:00-17:00
【拝観料】300円
【アクセス】近鉄・南大阪線「当麻寺」駅から徒歩約15分
近鉄阿部野橋駅から準急「橿原神宮行」で約40分
奈良・京都からは近鉄「橿原神宮前駅」から準急「阿部野橋行」で約15分

當麻寺 奥院
【住所】〒639-0276奈良県葛城市當麻1263
【TEL】0745-48-2008
【拝観時間】9:00-17:00
【拝観料】300円
【アクセス】近鉄・南大阪線「当麻寺」駅から徒歩約15分
近鉄阿部野橋駅から準急「橿原神宮行」で約40分

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村
Published in奈良

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です