Skip to content

萌芽の霊山寺

奈良

バラが満開の霊山寺

霊山寺のバラが見頃を迎えています。

霊山寺では春と秋にバラを見ることができますが、秋のバラは小さめの花が多いのに対して、春は大ぶりの華やかなバラが数多くとても見応えがあります。

バラの歴史は古く、アメリカ大陸で発見されたバラの化石は7000万年前のものです。

クレオパトラやナポレオン后妃にも愛された花です。

日本でも万葉集ではウマラ(茨)、古今和歌集や源氏物語にはソウビ(薔薇)として詠まれて、身近な植物でした。

霊山寺バラ庭園は61年前の昭和32年に開園された1200坪の庭園です。

200種類2000株のバラが5月上旬から6月中旬まで咲き誇ります。

ティーテラス「プリエール」ではバラの香りのティーなども用意されています。

霊山寺は684年ごろに開かれました。

霊山寺のある富雄の里は古事記には登美の地と記され敏達天皇の頃よりこの地は小野家の所有でした。

遣唐使小野妹子の息子と伝わる小野富人は壬申の乱に関与したため672年に官を辞してこの地に隠居しました。

684年に21日間熊野本宮に参り、この間に薬師如来を感得し、登美山に薬草湯屋を建て諸人の病を直したのが始まりとされています。

本堂(国宝)
鎌倉時代の代表的建物です。

鐘楼(重要文化財)
室町時代初期の創建とされています。

 

 

霊山寺バラ庭園

【アクセス】
〒631-0052
奈良県奈良市中町3879
TEL:0742-45-0081

近鉄奈良線「富雄」駅下車
奈良交通バス「若草台」(系統番号50番)または「近鉄奈良駅」(系統番号40番)行き乗車
「霊山寺」下車すぐ

【駐車場】あり

【入山料】500円(バラ見頃時期は600円)

【見頃】
5月中旬から6月中旬
10月中旬から11月上旬

【拝観時間】
年中無休

霊山寺

スポンサーリンク

Camera:SONYa6000
Lenz:Sonnar T*E 24mm F1.8 ZA
Vrio-TessarT*E 16-70m F4 ZA OSS

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村


Published in奈良

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です