Skip to content

百花繚乱の二月堂

世界遺産/奈良

桜咲き乱れる東大寺二月堂

奈良公園の桜が見頃を迎えています。

東大寺二月堂の周りも目をみはる美しさです。

今年は急激に暖かくなったので3月末で一気に満開になって、ほんの2週間前までお水取りが行われていたとは思えないほどです。

こちらは三月堂(法華堂)です。
東大寺法華堂は平安時代に建てられた東大寺最古の建物です。
東大寺境内の丘陵部に位置しています。
東大寺の前身寺院で金鐘寺(きんしょうじ)の遺構とされています。
別名三月堂と言われ、旧暦三月に法華会が行われたことから三月堂と呼ばれています。

二月堂からの眺め
ところどころピンクに染まりとても綺麗でした。

二月堂

二月堂へ向かう坂道からもとても綺麗な桜が見えました。

東大寺戒壇堂

戒壇堂の前もとても綺麗でした。

中には多聞天、持国天、増長天、広目天の仏像が安置されています。
ぞれぞれたくましく男らしく厳しい顔つきで僧侶として守るべきことを履行するという受戒の場にふさわしいです。

東大寺二月堂

〒630-8211
奈良市雑司町406-1
TEL:0742-22-5511(東大寺)
24時間拝観自由
拝観料:無料

スポンサーリンク

Camera:SONYa6000
Lenz:Vrio-TessarT*E 16-70m F4 ZA OSS

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村


Published in世界遺産奈良

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です