Skip to content

手向山神社

奈良

紅葉の名所手向山

古今和歌集で菅原道真が手向山について詠んでいます。
「このたびは幣もとりあえず手向山 紅葉の錦神のまにまに」

歌に詠まれるくらい手向山は紅葉の名所として古から知られています。
東大寺大仏殿の道を東に行った正面に位置し、直ぐ北には東大寺法華堂があります。

スポンサーリンク

東大寺守護の神

749年(奈良時代)東大寺大仏建立のため大分県の九州豊前国宇佐八幡宮より東大寺守護の神として迎え祀られました。
正式には手向山(たむけやま)八幡宮といいます。
当時は平城宮南の梨原宮にあり、その後東大寺大仏殿の南の鏡池付近に移りましたが、1180年(平安時代)の平重衡による戦火で焼失しました。
1250年(鎌倉時代)北条時頼が現在地に再建しました。
当初の梨原宮の所在地は不明ですが、奈良市役所近くの平城京左京三条二坊庭園跡がその後地とも言われています。
なんだかとても夢のある話ですね。

もともとは東大寺に属し鎮守とされてきたが、明治の神仏分離の際に独立しました。

参道

近くに東大寺と二月堂があり、とても綺麗です。

本殿

鎌倉時代のものです。

参道の広さ、長さの割にはこじんまりとした境内ですが、とても美しいお寺です。

スポンサーリンク

この門の前に東大寺法華堂があります。

東大寺法華堂

宝庫は東大寺から移築された校倉造の建物です。

手向ける

手向山の由来は奈良市と木津川市の県境の東西に延びる丘陵を古来「手向山」と詠んでいたことに始まります。
「手向」とは丘陵や山の頂のことを意味します。
もしくは人物や霊などにお供え物をすることを言います。

現在あまり見る機会がありませんが、乗り物が少ない時代は峠や山頂に旅人の旅の安全を守る「道祖神」と呼ばれる神様が祀られていました。

この道祖神に対してお供え物をした旅人や地元の人が多かったことから山頂を指す言葉とし「手向け」という言葉も使われていました。

毎年10月5日には「転害会」(てがいえ)が行われます。
宇佐八幡宮から神様をお招きした10月5日、転害門から迎え入れています。
この時の光景は圧巻だったようで、聖武天皇の熱狂ぶりがわかるほど盛大に催されたそうです。
数えきれないくらいの行列と騎兵が20騎、騎馬が10騎、神輿が続くなどの盛況だったと伝わっています。
この盛大な祭典を「転害会」と称し、現在でもこの時の行事は継承されており、10月5日に東大寺、及び手向山八幡宮では転害会の法要が営まれています。

転害門

東大寺の中で奈良時代から残る貴重な建物です。

スポンサーリンク

転害門についてはこちらをごらんください。

転害門から戒壇堂へ

近くには東大寺もあります。
東大寺についてはこちらをご覧ください。

東大寺

春日大社も近くにあります。
春日大社についてはこちらをご覧ください。

春日大社

カメラ:SONYa6000
レンズ:Vrio-TessarT*E 16-70m F4 ZA OSS

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村


Published in奈良

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です