Skip to content

朝靄の木津川

奈良県外

雄大で美しい川

木津川は三重県と京都府を流れる淀川水系の支流で一級河川です。

青山高原に始まり、京都を流れ、大阪府境付近で宇治川や桂川と合流し、淀川となります。

延長は99kmで、流域面積は1596㎢です。

周辺はのどかな田園風景が広がり、遠くの山々が本当に美しいところです。

夏には青々とした水田が、秋には黄金に輝く稲田が、そして冬には霜が降りる姿や朝靄に包まれる姿を見ることができ、素晴らしい景色です。

雨の日に霧が立ち昇る姿も美しく、寒空の下でも本当に綺麗です。

遠くの峰々がまたとても綺麗です。

木津川は中洲がとても大きくて雄大です。

左側に見える木々も自然のままでこの辺りの雰囲気は最高です。

Camera:SONYa6000
Lenz:Vrio-TessarT*E 16-70m F4 ZA OSS

スポンサーリンク

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村


Published in奈良県外

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です