Skip to content

小雪舞う氷室神社

奈良

厳寒の奈良

朱色の建物に白い雪が舞いとても綺麗でした。

氷室神社は奈良の都、平城京に夏の間氷を献上する役目を担っていました。
奈良時代の70年間続きましたが平安遷都後廃止されました。
現在は氏子と冷凍氷業界の奉賛により維持されています。
ひむろしろゆき祭りというかき氷のお祭りも開催されています。
奈良はかき氷のお店が多いことでも有名です。

氷の神様ということで雪が舞う姿が似合いますね。

これはなんという植物でしょうか。

ふわふわした毛皮みたいで寒さにも強そうな姿です。

ちょうど四脚門の前に咲いていました。


黄色い蕾が色づき膨らみかけています。
春が近づいているようで嬉しいです。

氷室神社はしだれ桜が美しいことで有名です。
春にはしだれ桜がとても美しく、奈良で最も早く開花すると言われています。
古都の春を告げるとても縁起のいい桜、楽しみです。

氷室神社

〒630-8212
奈良県奈良市春日野町1-4
TEL0742-23-7297

近鉄奈良駅から徒歩15分
近鉄奈良駅から奈良交通市内循環バスにて
「氷室神社」「国立博物館前」で下車

開門時間
4-10月:6:00-18:00
11-3月 6:30-17:50

拝観料:なし
駐車場:24台
1時間500円(上限2000円)

スポンサーリンク

Camera:SONYa6000
Lenz:Vrio-TessarT*E 16-70m F4 ZA OSS

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村


Published in奈良

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です