Skip to content

矢田寺の紫陽花

奈良

約60種1万株の紫陽花

矢田寺はあじさい寺とも呼ばれ、あじさいの花が見事です。
ちょうど見頃を迎え多くの人で賑わっています。

境内はあじさいがいっぱいです。
色とりどりのあじさいが咲きほこり素晴らしです。
境内にはたくさんのお地蔵さんがあります。

矢田寺ではお地蔵さまをお釈迦さまの入没後、弥勒菩薩が出て再び法を説かれるまでの56億7千万年の無仏の間救いのないこの世に出現し、その身を種々の姿に分身し、一心に民衆を救済されるありがたい仏様として大切にされています。

本尊もお地蔵さまです。

さまざまに色を変えて目を楽しませる紫陽花の花はお地蔵さまの化身とされています。

25000㎡の境内に咲き誇る約60種1万株のあじさいの花にひととき現実を忘れて楽しんでほしいと昭和40年から植えられています。

スポンサーリンク

あじさいの花びらのひとつひとつが雨に打たれさまざまに色が移ろいながら、仏教の「諸行無常」の心を伝えてくれているそうです。
あじさいの丸い花はお地蔵さんの手に持っている宝珠の形でもあります。

あじさいは谷間の斜面に植えられており、その中に小道が続き小川が流れとても美しい光景です。

 

スポンサーリンク

あじさいは奈良時代から栽培されていました。
梅雨時にさまざまに花の色を変えながら咲き続けるその美しさから万葉集にも詠まれています。

あじさいは日本特有の花木で、諸外国には野生種は無く、西洋あじさいと呼ばれるものは江戸時代後期にシーボルトなどによって欧州に送られ改良されたものです。
矢田寺のあじさいは5月から9月まで楽しむことができます。

矢田寺はNIKKEIプラス1「あじさいの名所ランキング」で西日本で第2位に選ばれたそうです。ちなみに1位は神戸市森林植物園で、3位は三室戸寺だそうです。

また、朝日新聞の「訪ねて見たい関西の紫陽花の名所」では第1位に選ばれたそうです。
さすがですね。

 

 

 

矢田寺

【住所】奈良県大和郡山市矢田町3549

【TEL】0743-53-1445

「あじさい園」開園中

【日程】6月1日から7月10日
【入山料】500円
【駐車場】500円
【アクセス】

バスは近鉄郡山駅から「矢田寺」行き終点下車徒歩約7分
期間中はJR法隆寺駅から臨時バスがあります。

 

Camera
SONYa6000
Lenz
Sonnar T*E 24mm F1.8 ZA
Vrio-TessarT*E 16-70m F4 ZA OSS

スポンサーリンク

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村


Published in奈良

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です