Skip to content

大神神社


大神神社は日本最古の神社と言われています。
「日本書紀」や「古事記」に古墳時代から先住民が拝んでいたという記載があるそうです。

御神体は三輪山で、本殿は設けず山を拝むという古来の様式です。
三ツ鳥居を通って三輪山を拝みます。

三輪山にはご祭神の奥から三輪山に登ることができます。
高さ467メートル、周囲16キロメートル、面積350ヘクタールで、奈良盆地をめぐる青垣山の中でもひときわ形の整った円錐形の山です。
山は松・杉・檜などの大樹に覆われて、一木一草に至るまで神宿るものとして尊ばれています。

特に杉は「万葉集」を始め、多くの歌集に詠われ「三輪の神杉」として神聖視され、後世に三輪さんの杉葉で作られた杉玉が酒造りのシンボルとして酒屋の軒先に飾られるようになりました。
また、山中には神霊が鎮まる岩が点在し、磐座(いわくら)と呼ばれて信仰の対象になっています。

スポンサーリンク

二の鳥居

ご祭神

二の鳥居

三の鳥居はご祭神の奥にあり、参集殿で申し込みをします。
1つの鳥居の両脇に小規模な2つの鳥居を組み合わせ、三つの鳥居を合わせたものです。

スポンサーリンク

大神神社の摂社の一つで病気平癒のご利益がある狭井神社に三輪山の登山口があります。
山頂までは1時間ほどです。

参道は伊勢神宮や春日大社より少しこじんまりした感じですが、神聖な空気が流れています。
緑が美しいです。

大鳥居
高さ32.2m、柱間23mの大鳥居は圧巻です。
この大鳥居は一の鳥居ではなく、昭和59年10月13日の昭和天皇ご親拝を記念し、また御在位60年を奉祝して建立されました。
昭和61年に竣工。

ここから三輪山を望む風景は印象的です。

スポンサーリンク

「山の辺の道」
「日本書紀」にその名前が残る「山の辺の道」
周囲を小高い山に囲まれた奈良盆地を東に連なる美しい青垣の山裾を縫うように、三輪山の麓から石上布留を通り、奈良へと通じる道がありました。
山の辺の道には今も「記紀・万葉集」ゆかりの地名や伝説が数多く残っています。
特に古代ロマンを感じる天理から桜井までの16キロほどのほぼ終点が大神神社です。
三輪山を眺めながら古の道をゆっくり歩いてみたいです。

大神神社
アクセス

〒633-8538
奈良県桜井市三輪1422
TEL:0744-42-6633

駐車場4カ所
約320台
無料

徒歩
JR三輪駅から徒歩5分

バス
シャトルバス運行
土日祝日のみ(1日・12/26,27・1/2,3,10,11を除く)
大人:190円
子供:100円

カメラ:SONYa6000
レンズ:Vrio-TessarT*E 16-70m F4 ZA OSS

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村


Published in奈良

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です