Skip to content

馬見丘陵公園の河津桜

奈良

花を長く楽しめる河津桜

馬見丘陵公園では河津桜が見頃を迎えていてとても綺麗です。

河津桜は寒緋桜とオオシマザクラの自然交雑種だと言われており、早いものは1月下旬から咲き始め花期が1ヶ月で長く楽しむことができます。

由来

1955年に静岡県賀茂郡河津町田中の飯田勝美さんという方が河津添いの雑草の中で1mhどの原木を偶然発見し、庭先に植えたことが由来だと言われています。

1966年から開花し、当初飯田家の屋号から「小峰桜」と地元では言われていましたがその後の学術調査で今までになかった雑種起源の園芸品種であると判明し1974年に「河津桜」と命名されました。

名前の由来となった河津町では約3kmに渡って河津桜並木が続き、多くの観光客で賑わいます。

上の写真が寒緋桜です。

同じエリアに咲いています。濃い桃色がとても綺麗です。

花は釣鐘状で下向きに咲きます。

桜の原種のひとつで、こちらも先始めが早く、旧暦の正月(2月ごろ)あたりに咲くので元日桜とも呼ばれているそうです。

ムスカリ

小さいお花ですが、とても美しいこの色合いが目を引きます。

由来はギリシャ語のmoschos(ムスク)で、麝香のことです。

クリスマスローズ

クリスマスごろに咲くイメージですが、クリスマスの時期に咲くのは1種類で、それ以外のほどんどが春に咲きます。

お花に見える部分は「ガク」なので鑑賞期間が長いそうです。

うつむきがちなので可憐です。

奈良県馬見丘陵公園

〒636-0062
奈良県北葛城郡河合町大字佐味田2202番地
TEL0745-56-3851

休館日
月曜日(月曜日が休日の場合は次の平日)
年末年始:12月28日から1月4日
開館時間:9時から17時まで(入館は16時30分まで)


西名阪自動車道法隆寺ICから約15分
西名阪道法隆寺IC→県道5号線を南下→寺戸南交差点を右折→巣山古墳西交差点を右折

公園駐車場は3ヶ所
馬見丘陵公園中央入口(204台)
北エリア入口(240台)
南エリア入口(44台)

混雑時には臨時駐車場も有り
中央臨時駐車場(143台)
北臨時駐車場(60台)
南エリア臨時駐車場(52台)

開場:8:00
閉場:(通常期)18:00(6月から8月)19:00

電車
近鉄田原本「池部駅」下車徒歩2分

 

スポンサーリンク

Camera:SONYa6000
Lenz:Vrio-TessarT*E 16-70m F4 ZA OSS
Sonnar T*E 24mm F1.8 ZA

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村


Published in奈良

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です