Skip to content

チューリップ


馬見丘陵公園のチューリップ。
広い園内にチューリップが咲き乱れています。
無料ですしとてもいいところです。
季節に応じて入れ替えをしてイベントもあって賑わっています。
この日は満開だったので駐車場も混んでました。

北海道みたいなチューリップ畑。
春の訪れに嬉しくなります。

馬見丘陵公園は香芝市、広陵町、河合町など2市3町にまたがる標高70mの程度、東西約3km、南北約7kmに及ぶ丘陵地です。
丘陵は馬見古墳群にあり周囲にたくさんに古墳があります。

昭和40年代後半から丘陵西部では真美ケ丘や西大和ニュータウンなどの大規模宅地開発が始まりました。
丘陵東部にある馬見丘陵公園はこれらの開発から自然や古墳群を守るために「歴史と自然に囲まれた憩いの空間」を目指して昭和59年に都市計画決定し、公園事業が始まったそうです。

色とりどりのチューリーップが一面に。

スポンサーリンク

青空と雄大なチューリップ畑に感動

ナガレ山古墳
公園内外には13の古墳があります。

ナガレ山古墳からの眺め

スポンサーリンク

大型テント
演奏会などが行われます。
チューリップ祭り、ひまわり祭りなどの時は地域のお店や露店などもたくさん出ますので賑わいます。

スポンサーリンク

背景のキラキラが力強い

さまざな講習会も行われています。
例えば「花しょうぶの株分け体験教室」や「夏の寄せ植えミニガーデン教室」「歴史教室-前方後円墳の分布と形」「野鳥教室」「日光写真講座」など色々な分野の講座が開催されています。

植物の維持管理、花壇1区画(約10平方メートル)の植栽を計画し維持管理するグループなど様々なボランティアさんの協力によって公園が維持されています。
とても広いエリアを自分たちで考えながら維持管理することができてとても楽しそうですね。

馬見丘陵公園

アクセス

休館日
月曜日(月曜日が休日の場合は次の平日)
年末年始:12月28日から1月4日
開館時間:9時から17時まで(入館は16時30分まで)


西名阪自動車道法隆寺ICから約15分
西名阪道法隆寺IC→県道5号線を南下→寺戸南交差点を右折→巣山古墳西交差点を右折

公園駐車場は3ヶ所あります。
馬見丘陵公園中央入口(204台)
北エリア入口(240台)
南エリア入口(44台)

混雑時には臨時駐車場も有り
中央臨時駐車場(143台)
北臨時駐車場(60台)
南エリア臨時駐車場(52台)

開場:8:00
閉場:(通常期)18:00(6月から8月)19:00

電車
近鉄田原本「池部駅」下車徒歩2分

カメラ:SONYa6000
レンズ:Vrio-TessarT*E 16-70m F4 ZA OSS

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村


Published in奈良

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です