Skip to content

霊山寺バラ庭園

奈良

霊山寺の秋薔薇

霊山寺のバラ園は台風21号の影響を受け、園内に土砂が流入したということで復旧作業のため3日間休園でしたが、再開されましたので行ってきました。

園内の池は掻い掘り(池の水を汲み出して泥をさらうこと)していました。
土砂が数十cmたまり、職員の皆さんが出て掻き出したということで、薔薇の花にも土砂が付いているところもあり、災害の大きさを感じました。

無事再開されて本当に良かったです。
薔薇は朝露に濡れてキラキラ輝いていました。

「青空」
作出国 日本

スポンサーリンク

春のバラに比べると小ぶりですが、華奢で可憐でとても綺麗でした。

「ブルーヘブン」
作出国 日本

「ウィンナ・チャーム」
作出国 ドイツ

「絵日傘」
作出国 日本

コキア

箒のような細かい茎が特徴で、紅葉してとても綺麗でした。

霊山寺の起源

霊山寺のある富雄の里は古事記には登美の地とあり、敏達天皇の頃からこの地は小野家の領有でした。

遣隋使小野妹子の息子と伝わる右大臣小野富人は壬申の乱に関与したため、672年に官を辞して登美山檜森に移り住みました。

684年4月5日から21日間熊野本宮に参籠し、この間に薬師如来を感得して登美山に薬師湯屋を建てて諸人の病気を治したのが始まりと言われています。

本堂

銀杏の木も色づいて輝いていました。

鎌倉時代の建物です。

スポンサーリンク

紅葉も始まっていました。

薬師湯殿

遣唐使で有名な小野妹子の息子、小野富人が薬草を栽培し、薬師如来を祀って薬草風呂を施湯したことが始まりです。

1300年前から里人たちを癒してきた薬湯は聖武天皇や光明皇后もご入湯されたと伝わっています。

トウキ、センキュウなど天然成分のみを用いて薬湯にて人々を救った富人の心を再現しています。

奈良県内は今回の台風21号で被害が大きいところもありましたが、こうして再開して楽しませてくれるととても嬉しいです。

バラ園は昭和32年に当時の住職の戦争体験から世界平和を願って開園された1200坪の近代庭園です。
第二次世界大戦の終結を記念して作出された「ピース」というバラを中心に世界各国のバラが咲き集います。

霊山寺バラ庭園

見頃
5月中旬から6月中旬
10月中旬から11月上旬

年中無休

拝観料500円

無料駐車場あり

〒631-0052
奈良県奈良市中町3879
TEL:0742-45-0081

霊山寺

スポンサーリンク

カメラ:SONYa6000
レンズ:Vrio-TessarT*E 16-70m F4 ZA OSS

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村


Published in奈良

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です