Skip to content

おふさ観音の風鈴祭り


 薔薇と風鈴のお寺

おふさ観音はバラと風鈴のお寺として知られています。
4000種類以上のバラを始め四季折々の花が楽しめるお寺です。
美しい境内が仏教の世界にも例えられ「花まんだら」とも呼ばれています。

1650年(江戸時代)4月、この地で暮らす「おふさ」という娘さんが鯉ケ淵のそばを歩いていると白い亀に背中に乗った観音様が目の前に現れました。
おふささんは池のそばにお堂を建ててそこに観音様をお祀りすることにしました。
その観音様は色々なお願い事を叶えてくださるとして、近くの村人たちに厚く信仰され大切に祀られました。
そうして「おふさ観音」と呼ばれるようになったそうです。

スポンサーリンク

風鈴祭り

風鈴祭りは夏の間2ヶ月にわたって開催されています。
境内には2500を超える風鈴が吊り下げられ、夏の風に揺られて涼やかな音色を奏でます。

また日本各地から集められた風鈴の展示会や即売会、幻想的な風景が魅力の「夜まつり」などが行われます。
境内に響き渡る風鈴の音が厄を払って心地よい涼を運んでくれます。

風鈴祭りを通して先人たちの知恵の素晴らしさを伝えたいという想いもあるそうです。
風鈴や浴衣、すだれなどによって夏の暑さをただ辛いものとせず楽しんで乗り切ろうという発想には心の豊かさを感じられます。

スポンサーリンク

薔薇の季節も綺麗でしょうね。

ちらほら薔薇も咲いてました。

地域に愛されるおふさ観音

おふさ観音は時の権力者や特別な地位の人によって建立されたのではなく市井の人たちの手によって建てられ、守られてきたお寺です。
そして日々の悩みや苦しみにお寄り添う庶民信仰のお寺として地域の人々に愛されています。

バラ祭りは1995年から行われており、春と秋に約3800種類、約4000株のバラを見ることができます。
バラが咲き誇り、素晴らしい芳香に包まれます。

バラ祭り

開催期間
・春のバラ祭り 5/15-6/30
・秋のバラ祭り 10/19-11/30

雨天、荒天時も開催。
バラ祭り以外の期間にも見ることができます。

入場時間
7:00-16:30(開門は17時まで)

入場料:無料
本堂拝観料:300円

バラの即売会も行われています。

藤原京が近くにあります。
四季の花が美しく見事です。

藤原京の夏

スポンサーリンク

カメラ:SONYa6000
レンズ:Vrio-TessarT*E 16-70m F4 ZA OSS

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村

 


Published in奈良

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です