Skip to content

奈良のおすすめ寺社Best5 Ver.Ⅱ

世界遺産/奈良

奈良には素敵なお寺が沢山

奈良のおすすめ寺社Best5の2回目です。
つまりBest10ということですけど。。。

1.法隆寺

法隆寺は飛鳥時代の創建で、世界最古の木造建築として広く知られてます。
607年に聖徳太子と推古天皇が造りました。
広さ18.7平方メートルの広大な境内に飛鳥時代をはじめ各時代の建築物が軒を連ねています。
1993年には日本で最初に世界遺産に登録されました。

五重塔と金堂

とても大きく迫力があります。

初重と五重の大きさの減少が高いことが特徴で、五重目の大きさは初重の半分です。
高さは31.5mです。

東大門

奈良時代のものです。
とてもいい雰囲気です。

夢殿

奈良時代のもので、聖徳太子の等身像とされる救世観音像を安置しています。
美しい八角円堂です。

法隆寺についてこちらもご覧ください。

世界遺産法隆寺

法隆寺の五重塔についてはこちらもご覧ください。

奈良に五重塔はいくつあるでしょう

スポンサーリンク

2.室生寺

室生寺は奈良時代末期の創建で法隆寺に次いで古いと言われる五重塔があります。
朱塗りでとても美しい塔です。
日本で一番小さい五重塔で高さは16mです。
屋根の出が深く厚みがあり屋根の勾配が緩く屋根の大きさが変わらないことが特徴です。

本堂

江戸時代のもので深い緑に囲まれ雰囲気があります。

雨をもたらす龍神が棲むと言われる室生山。
この潤いがシャクナゲやシダを始め多くの植物を育てます。

室生寺についてこちらもご覧ください。

室生寺

3.白毫寺

白毫寺は715年の創建とされ、若草山、春日山に続いて南に連なる高円山の麓にあります。
100段あまりの古い階段を上ると眼下に奈良の町が広がります。
この眺望とともに花の寺としても有名で五色椿は樹齢400年を超えます。
またモクレンや紫陽花、ササユリ、桔梗、サルスベリなど様々なお花を楽しむことができます。

とても美しい階段です。
秋には萩の花が咲き誇ります。

眺望が最高です。

本堂

石畳が綺麗です。

お花がとても多いです。

白毫寺についてこちらもご覧ください。

絶景の白毫寺

春日山原始林と白毫寺についてこちらもご覧ください。

春日山原始林

4.元興寺

元興寺は奈良公園の端、ならまちの中にある世界遺産のお寺です。
飛鳥時代に創建され、平城遷都とともに奈良に移されました。
元興寺の周りはならまちと言われ、元々は元興寺の境内のことです。

この瓦は飛鳥寺から移されたものです。
飛鳥寺は元興寺の前身と言われていて、奈良に移った後も飛鳥に残っています。

元興寺についてこちらもご覧ください。

元興寺の瓦

スポンサーリンク

5.長谷寺

長谷寺は大和と伊勢を結ぶ初瀬街道を見下ろす初瀬山の中腹に立っています。
初瀬山は牡丹の名所で、4月下旬から150種以上、7000株の牡丹が満開になります。
「源氏物語」「更科物語」などにも数多く登場し、「源氏物語」の玉鬘の巻のエピソードに登場する二本(ふたもと)の杉は現在も境内に残っています。

長谷寺の創建は奈良時代と言われています。
平安時代中期以降は観音霊場として貴族の信仰を集めました。

登廊は屋根付きの階段で本堂まで399段あります。

奈良には歴史があり素晴らしい寺院がたくさんあります。
奈良に都があった時に多くのお寺が作られ、それが現在まで残っていることは素晴らしいですね。

長谷寺についてこちらをご覧ください。

長谷寺の牡丹

スポンサーリンク

カメラ:SONYa6000
レンズ:Vrio-TessarT*E 16-70m F4 ZA OSS

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村

 


Published in世界遺産奈良

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です