Skip to content

浄瑠璃寺の紅葉

奈良

阿弥陀如来公開中

浄瑠璃寺の紅葉が始まっています。

三重塔周辺の紅葉が美しく夕陽に照らされる姿がとても美しく人気です。

三重塔は東にあり、薬師如来を安置しています。
現在この阿弥陀如来が公開中です。

薬師如来は東方浄瑠璃世界に住み、現世の苦しみを除く仏です。
薬師如来を東に、阿弥陀如来(本堂)を西に安置することによって三重塔のある東側は「此岸」(現世)、池を挟んだ西側は阿弥陀如来のいる「彼岸」ということを表しています。
境内に入るとまず三重塔から進み、池の反対側の本堂をお参りするように書かれています。

スポンサーリンク

石仏の道

当尾地区は古来奈良の興福寺の別所として平安時代後期から鎌倉時代にかけて多数の石仏や寺院が造られるなど仏教文化の花開いた地域です。

ここ浄瑠璃寺もそうした別所のひとつとして平安時代後期に建立されました。
池を挟んで東西に国宝の三重塔と9体の阿弥陀堂(本堂)が建ち、比岸と彼岸、浄土の世界を表しています。
中央の苑池には州浜敷きが復元された中島などがあり、平安時代後期に建立された本堂は9体阿弥陀堂建築の現存する唯一のものです。

こうした庭園は浄土式庭園と呼ばれ、平安時代には京都を中心に30以上あったと言われていますが全て失われ、当時のまま現存するのはここ浄瑠璃寺だけです。
庭園は特別名勝及び史跡に指定され、周辺山々には優れた植生の自然環境がよく保存されています。

スポンサーリンク

塔の尾根

木津川市内東南部の加茂町当尾(とうの)地区は奈良と近く、南都仏教の影響を受けましたが、世俗化した奈良仏教を厭らう僧侶が隠遁の地として草庵を結び、念仏に専心したとも伝えられています。
やがて草庵が寺院へと姿を変え、塔頭が並び「塔の尾根」ができいつしか「当尾」と呼ばれるようになったそうです。
今では浄瑠璃寺、岩船寺、そして石仏だけが残りました。
石仏は当尾の里の広範囲に広がり、散歩コースの道中には野菜売りも多く、四季折々の美しい山村風景が楽しめます。

浄瑠璃寺

【住所】京都府木津川市加茂町西小札場40
【TEL】0774-76-2390

【拝観時間】9:00-17:00(12月から2月は10:00-16:00)

【本堂拝観料】400円
境内は見学自由

【駐車場】あり(300円)

スポンサーリンク

Camera:SONYa6000
Lenz:Vrio-TessarT*E 16-70m F4 ZA OSS

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村</>


Published in奈良

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です