Skip to content

新春の生駒神社

奈良

まだ紅葉が残る境内

清々しい空気の中、まだ紅葉が残っていてとても綺麗でした。

今年もよろしくお願いいたします。

往駒大社は大神神社や石上神宮と同じく神奈備(かんなび)である生駒山を御神体として祀られた古社であり、神社の境内を覆う鎮守の杜は奈良県の天然記念物に指定され、太古から変わらぬ自然の森を今に守り伝えています。

社そうはツブラジイ(コジイ)を中心とする照葉樹林で、杉、クスノキ、ベニシダなどが3haの境内に広がっています。
周辺は宅地開発が進み、生駒山麓地帯の極相を示す森林が少ないですが、ここでは高さ20mを超える森林がよく保存されています。

本殿御神体

本殿には伊古麻都比古神(いこまつのひこのかみ)をはじめ神功皇后、応神天皇など7柱と境内外摂末社20社が合わせて祀られています。

往駒大社は正式には「往駒坐伊古麻都比古神社」(いこまにいますいこまつひこじんじゃ)といい、生駒神社とも呼ばれて言います。

往駒大社の最も古い記述は「総国風土記」に458年に記されており、1550年を超える歴史があります。
正倉院文書にも記載が見られ、奈良時代からすでに朝廷との関わりがありました。

冬のお花はとても嬉しい気分になります。

往駒大社

〒630-0200
奈良県生駒市壱分町1527-1
TEL:0743-77-8001

拝観:自由
駐車場:無料

近鉄生駒線「一分駅」から徒歩5分

Camera:SONYa6000
Lenz:Vrio-TessarT*E 16-70m F4 ZA OSS

スポンサーリンク

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村


Published in奈良

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です