Skip to content

稲穂輝く法起寺

世界遺産/奈良

世界遺産法起寺と田園風景

法起寺は田んぼに囲まれたのどかな田園風景の中にあります。

法起寺は606年に聖徳太子が法華経を講説された岡本寺を寺に改めたことが始まりで、法隆寺、四天王寺、中宮寺、広隆寺、橘寺(聖徳太子生誕寺)、葛木寺とともに太子建立七ヶ寺の一つに数えられています。

三重塔

高さ23.9m。
706年(飛鳥時代)に建立された日本最古の三重塔です。
上層に行くほど小さくなる率が大きく安定感があります。

法隆寺の五重塔の初層、三層、五層の大きさと、法起寺の初層、二層、三層がほぼ同じ大きさであると言われています。

飛鳥時代から残る三重塔

すっかり秋の気配です。

奈良時代には相当栄えたそうですが平安遷都後、法隆寺の指揮下に入り徐々に衰微しました。
江戸時代には三重塔を残すのみになったそうですが、その後徐々に再建されました。
三重塔が飛鳥時代のまま残っていることは本当に素晴らしいです。

素晴らしい眺めです。

周辺は休耕田でコスモスを栽培しています。
秋には写真を撮りに訪れる方が多いそうです。


高浜虚子の「斑鳩物語」にも登場しています。
明治40年の作品で、法隆寺夢殿南門前の旅館大黒屋のお手伝いさんと法起寺の若い僧との恋物語だそうです。

法起寺

アクセス
〒630-0102
奈良県生駒郡斑鳩町大字岡本1873番地

JR法隆寺駅から東北2.5km

拝観時間
2月22日-11月3日:8:30-17:00
11月4日-2月21日:8:30-16:30

カメラ:SONYa6000
レンズ:Vrio-TessarT*E 16-70m F4 ZA OSS

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ

 


Published in世界遺産奈良

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です