Skip to content

スタンドシャン食champagne&GYOZA BAR

奈良県外/食べ歩き

シャンパン、ワインに合う餃子

北新地にあるシャンパン食堂はシャンパンを気軽に安心して楽しめるビストロですが、同じくシャンパン食堂グループとして北新地にシャンパンと餃子を気軽に楽しむことができるBARがあります。

フレンチの豚肉料理から発想を得た「シャンパン、ワインによく合う料理としての餃子」。

それを自家製の4種類のたれとトリュフオイル、ヒマラヤ岩塩などを絡めて気軽に楽しむことができる、それがスタンドシャン食です。

お店はとても小さくて11席。こじんまりとして落ち着く空間です。

シャンパンに合うタレばかりでとても美味しかったです。

餃子はニンニク入りとニンニクなしが選べます。

グラスシャンパンは800円から1400円程度。

毎日4種類から6種類の銘柄が揃っています。

毎日OPENから18:30まではハッピー泡〜といてグラスシャンパンが500円からの格安で味わうことができます。

シャンパン食堂グループの使命はシャンパンと美味しい料理で世の人々を幸せにすること、という通りフレンチのオードブルがたくさん揃っています。

生ハムやフレンチサラミ、ムール貝のシャンパン蒸し、生ソーセージの鉄板焼き、そして餃子バーガーなどフレンチのファーストフード的な餃子BARです。

完全禁煙で、満席時には立ち飲みになるそうで椅子は譲り合いです!

久しぶりにあべのハルカスを撮りました。

通天閣も夕日が当たってとても綺麗でした。

通天閣(国の登録有形文化財)

1955年に着工し1956年に竣工した国の登録有形文化財です。

高さは108mで、展望台は周囲ガラス張りの2階建です。

足元に市道が通っており、またぐように4本脚で立っています。

今の通天閣は2代目で、初代の通天閣は1943年に近くにあった映画館の延焼火事で焼け落ちたそうです。

再建には費用がかさみ、いろいろ大変だったようです。

再建翌年の1957年から日立製作所が塔の側面に文字広告を掲出。

元は配線工として関わっていた松下電気産業に打診がありましたが、当時社長だった松下幸之助氏の判断で掲出を見送ったという経緯があったそうです。

その後地元の名物として広く親しまれていることを見てとても悔いたとか。

ハルカスの巨大なビルのすぐそばにほのぼのした昔の雰囲気そのままの街が広がっています。

スタンドシャン食 osaka北新地
champagne&GYOZA BAR

【住所】大阪市北区曽根崎新地1-5-9 谷安プレジールビル1F
【TEL】06-6147-2498
【予約】不可
【営業時間】
月曜日から金曜日17:00-1:00
土曜日17:00-0:30
日曜日16:00-22:30
【休業日】祝日
【アクセス】
JR東西線北新地駅徒歩2分
北新地駅から80m

スポンサーリンク

Camera
SONYa6000
Lenz
Sonnar T*E 24mm F1.8 ZA
Vrio-TessarT*E 16-70m F4 ZA OSS

 

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ


Published in奈良県外食べ歩き

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です